CADモーファー

CADモーフィングは、既存のCADデータ(車体構造、パワートレイン、シャーシ)を直接モーフィングして新しい形状を迅速に作成するDEPの形状変形ソフトウェアです。

例えば、既存量産車の完全なCADデータ(BIW)をモーフィングして、新しい車両のスタイリングデータや形状に適合させることができます。

当社の特許取得CADモーフィングテクノロジーを使用することにより、CAD開発を数ヶ月減らすことができます。

このCADモーフィングは、製品開発のどの段階でも実行することができます。

  • 初期のコンセプト設計:既存のドナーCADデータをモーフィングして、新しい車両のスタイリングデータや形状を作成
  • 車両構造の開発:既存のBIW CADデータを構造開発チームが定義した新しい断面形状に適合するよう自動更新
  • 車両の最適化:CAEチームによる最適化された解析結果に適合するよう、既存のCADデータを更新

モーフィングされたCADデータは、パッケージング、成形性、スタイリング、人的要因、人間工学、CAE、サプライヤの調達などの検討に、開発プログラムの初期段階から活用することができます。

CADモーフィングは、CAEチームと設計部門での連携をより円滑にします。最適化されたFEMおよびCFD(流体力学)データは、モーフィング後のCADデータとして設計部門に引き継がれます。

CADモーフィングステップ

STEP1:CAEモーフィングステップの記録

  • CAEモデルのモーフィング履歴全体が保存されます。
  • 適切なシーケンスが記憶され、保存されます。
  • CAE解像度をCAD解像度に変更します。

STEP2:オリジナルCADデータに対するマルチステップモーフィング履歴の実行

  • モーフィング履歴は、オリジナルCADデータの全ての部分に段階的に適用されます。
  • モーフィング後のCADデータ、各々のモーフィング工程後に形状品質について評価されます。
  • 解像度パラメータは、最良の品質を達成するように調整されます。

STEP3:モーフィング後のIGESデータのCADネイティブフォーマットへの変換(CATIA)

  • DEPは、モーフィング後のサーフェスデータ(IGESフォーマット)をネイティブフォーマット(CATIA)に変換するための明確に定義されたプロセスを開発しました。
  • これは、CAD設計者が特定の手法を使用することによって実行するCATIAオペレーションの順次処理を含みます。
  • 結果として得られるCAD形状の要素は、量産品質となります。
image
image

ー 詳細情報およびデモのご依頼はこちらより ー

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。