自動車業界、航空宇宙産業、消費財、医学技術などでは、衝突時の構造上の挙動を調査し最適化するため、衝撃または落下シミュレーションとしても知られる衝突シミュレーションが使用されます。当社は、現実でのシナリオを模擬するバーチャルシミュレーションを提供するため、製品開発時に安全性と業界標準を考慮することができます。当社のシミュレーションでは、物質の差異、構造形成、接合部と固定部などの衝突とその影響を現実的な方法で計算・解析・シミュレーションすることができます。当社は、自動車メーカーとそのサプライヤーに対し、製品の衝突特性に対する徹底したCAE性能向上サービスを提供します。各試験は、乗員の安全性、歩行者の保護、損傷制御など希望の変数に着目することができます。衝突解析の主な目的は、以下のとおりです:

  • ドライバーの安全確保
  • 強度に基づく材料の選択
  • 安全性を維持しながら車両重量を最小限に抑える
  • 実験による衝突試験費用の削減
  • フレームの耐衝突性の評価と設計改善案の検討

また、衝突または衝撃荷重の影響から重要な情報データを検索することは、深刻かつ致命的な衝突の集中が発生する道路および交差点を識別するために使用することができます。当社の衝突ソリューションでは、製品メーカーや構造設計エンジニアがさまざまな荷重条件に対して、簡単に設計をバーチャル評価することができます。

主な専門分野

衝突/構造シミュレーション: CAE 対 実験における相関の優れた実績

  • 完成車 - 実証済みCAEによる異なる性能要求に対するホワイトボディー(BIW)およびフルビークルモデルのモデル作成と分析
    • 正面衝突シミュレーション:
      • US-Ncap規制による正面からの影響
      • ユーロNcap規制によるオフセットバリアの影響
    • 側面衝撃シミュレーション:
      • IIHSバリアによる側面への影響
      • サイドポール
    • 背面衝突シミュレーション - 低速:
      • IIHS規格に準拠したコーナーインパクト
      • 前面衝突 - 振子試験
    • 背面衝突シミュレーション - 高速
    • ルーフ衝突試験
    • 転倒シミュレーション
  • 部品 - 素材モデル作成に関する弊社の専門知識は、高歪率/成形に依存する特性を考慮しています
    • シートアセンブリの設計およびエンジニアリング
    • バンパーシステム
    • ヘッドライナーの設計とエンジニアリング
    • ドアトリムの設計とエンジニアリング
    • コンソールの設計とエンジニアリング
  • 乗員の安全 - さまざまな衝突負荷とシナリオでの模擬損傷を分析する優れた手法
    • 前面衝突:
      • 膝の影響
      • 頭部への影響
      • 傷害指数値の分析
    • 側面衝突:
      • ハードトリム設計/CAEエンジニアリング
      • トリム安定性
      • その他下部構造の研究
    • 客室:
      • IP設計/CAEエンジニアリング
      • クラスA開発
      • Bサイド開発
      • NVH(振動・騒音・乗り心地)
    • エアバッグシミュレーション:
      • 熱負荷
      • ダクト流れシミュレーション
  • 歩行者の安全性 - 歩行者に着目した安全パラメーターに関する様々なシナリオに対する適切なイネーブラー/パラメーターの選択
    • バンパーとフードからの衝撃保護
    • 頭部への影響
    • その他身体への影響
  • その他のシミュレーション:
    • 実世界の事故再現
    • バッテリー荷重の評価
    • 輸送パッケージと電子機器の落下シミュレーション
    • 重機業界におけるFOPS&ROPSの評価

当社の優れたCAEサービスは、業界トップクラスの衝突解析を提供しており、世界中のお客様がエンジニアリングサービスパートナーとして当社との協業を強化しております。

DEP Customer Benefits
DEP Customer Benefits
DEP Customer Benefits
DEP Customer Benefits
DEP Customer Benefits
DEP Customer Benefits

ー 詳細情報およびデモのご依頼はこちらより ー

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。