1Dシミュレーション

流体解析の実施には、定義された境界を有する液体と気体との間の相互作用の数式を定式化する必要があります。流体解析は、自動車、防衛、電気・物理、エネルギーなど多くの分野で幅広く適用されています。防衛事業では、燃料システム、エンジンルーム、操縦室および客室の空調、ミサイル、潜水艦加え、航空力学にも流体解析は採用されています。流体解析では、複雑なエンジニアリング課題を解決するため、流れのパターンと温度分布に対する現実的かつ予測的な洞察を得ることができます。当社は、複数領域に対する深い知識とノウハウを備え、1Dマルチフィジックス・シミュレーションを専門とする戦略的なエンジニアリングとコンサルティングを提供します。

デトロイト・エンジニアド・プロダクツ( DEP)は、以下を含む高水準のモデル作成を提供します。

1.エンジン性能シミュレーション

  1. パワートレインの整備およびエンジン・サブシステム性能の効率を改善するためには、エンジン内の内部相互作用の詳細な知識が不可欠であり、これはエンジン性能の分析で重要な役割を果たします。DEPは、運用戦略、燃焼、燃料噴射、性能向上、エンジン小型化などの技術開発の未開拓分野を拡大してきました。
  2. 当社は、出力、トルク、空気流量、体積効率、燃費、マッチングおよびポンプ損失を伴うターボチャージャー性能のような性能パラメータの予測に対する1Dシミュレーションが可能です。
  3. 1Dシミュレーションでは、以下のパラメータ分析も対象です。
    1. 燃焼解析
    2. エアフィルタ・アセンブリの圧力降下
    3. スロットルの性能と制御
    4. 吸気圧力波動力学
    5. バルブタイミングと制御
    6. シリンダ圧力の予測
    7. ノック予測
img
Engine

2. ポジティブクランクケース換気-1D 詳細なシミュレーション

  1. 本技術の重要な目的は、エンジン効率に対するポンプ損失の悪影響を受けないよう、ブローバイ・ガス(未燃焼ガスおよび油蒸気から成る)を排出することです。
  2. 当社では、1D-3Dの統合的なモデル作成とシミュレーションの幅広い適用により、PCVバルブによるスピードと荷重に応じてエンジン内部のクランクケース圧力とブローバイ生産を分析します。
  3. 本シミュレーションでは、エンジン性能と操縦性には影響を与えず、ブローバイ生産の特性を伴う換気流れを正確に適合させることで、PCVシステムの性能最適化にフォーカスしました。
img

3. 排気後処理

  1. 自動車の排出ガス規制を満たすことは、今や避けられない課題となっています。これは同時に、車両の排気システムと後処理についての詳細な理解が求められます。
  2. 本シミュレーションの目的は、後処理部品の多次元挙動を分析することです。
  3. サブシステムモデル作成の拡張能力により、システム内の化学反応速度を分析するため、後処理シミュレーションを実施しました。
  4. シミュレーションは主に、最適な燃費、性能、および排気のためのエンジンおよび後処理システムの較正にフォーカスします。
img
img

4. 潤滑シミュレーション

  1. 当社は、トライボロジーの領域においても、付加価値ソリューションの提供を継続的に支援しています。
  2. 潤滑システムの性能を解析および最適化するために、クランクトレインシステムの詳細な潤滑モデルを開発しました。
  3. サブアセンブリモデル統合(クランクトレインおよびバルブトレイン)を用いた定常モデルの開発では、軸受荷重を実際に予測して当社のチームが開発しました。
system-simulation

5. 車両の熱管理

  1. モデルベースのシステムシミュレーションは柔軟性を持つため、当社はエンジンおよび車両システムのあらゆる面に対する価値あるソリューションを提供するという一貫した目標を設定しています。
  2. 組込みの有限要素シリンダ構造が一体化した車両熱管理システムの構築と詳細なモデル作成では、当社チームがシステム全体の熱流れと熱損失を実際に予測しました。

6. 可変バルブ作動 − 1Dカム位相器シミュレーション

  1. 可変バルブ作動 − カム位相器試験設定および較正
    当社は、可変バルブ作動に対して静的および動的試験を実施するため、以下を含む広範なテストベンチ設定を実施しました。

    1. ソレノイド力の測定
    2. 静的カム位相器漏れおよび操作試験
    3. 動的カム位相器漏れおよび操作試験
  2. 可変バルブ作動は、エンジン効率を改善するために、エンジンの重要側面となります。
  3. また、物理試験に加えて、ソレノイド作動に関するカム位相器の性能と感度を主に分析する、カム位相器アセンブリの検証実験とシミュレーションも行いました。
  4. シミュレーションは、カム位相器アセンブリ内の流量、位相率、および漏れの計量を目的とします。
img
img

ー 詳細情報およびデモのご依頼はこちらより ー

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。