モデル作成

MeshWorksのモデル作成モジュールは、一組のインタラクティブで高度に自動化されたモデルアセンブリ、モデル連結、材料、荷重、および境界条件設定機能を含むため、自動車、エンジン、航空機、船舶などの複雑なシステム全体のモデルを短時間で作成することができます。

スポット溶接

スポット溶接で製造された構造物(自動車の車体など)の場合、溶接要素は、衝突、NVH(振動・騒音・乗り心地)、耐久性などの様々なタイプの属性に対して自動生成されます。溶接部のより詳細なモデル作成のために、溶接力不足、スポット溶接部周囲の熱の影響を受ける領域のモデル作成など、特殊なフィーチャーの利用が可能です。製品開発の初期段階において、スポット溶接線およびスポット溶接点は、部品メッシュを使用して自動生成されます。

スポット溶接

シーム溶接

シーム溶接を含む組立構造の場合、溶接要素は、カッド、ビーム、ソリッド、剛性要素などの様々な構成を用いて生成すること ができます。ソリッド要素を使った溶接物の詳細なモデル作成に対し、自動で溶接物を作成するオプションがあり、周辺部品へのノード間のマッチング統合が可能です。

接着結合

接着結合が必要な場所では、ソリッド結合要素は自動生成され、統合要素や接触などを介して周辺部品のメッシュへ統合されます。

接着結合

ボルト接合

幅広い種類のボルト結合アセンブリ要素は自動生成されます。これらは、a)貫通ボルト、b)ネジ、c)詳細なメートルねじ(ボルト)モデル作成、d)梁(ビーム)/剛体とのボルト接合などが含まれます。

接触モデリング

広範な接触モデル作成は、アセンブリの全構成部品間で自動接触面作成を利用することができます。接触対は、摩擦、熱特性などの適切な界面条件で接触面間に生成することもできます。

自動接点作成

荷重および境界条件

異なる種類の課題に対し、様々な荷重や境界条件を迅速かつ効率的に設定することができます。

インクルードファイル管理

非常に大規模なシステムモデルに対し、インクルードファイル管理システムが提供されます。ユーザーは、サブアセンブリデータをインクルードファイルに編成し、異なるインクルードファイルにわたってデータ操作操作を実行することができます。

ー 詳細情報およびデモのご依頼はこちらより ー

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。